耕耘、種蒔き

早朝から準備開始

6月1日(水)は大学の開学記念日で休校となっていましたが、1年次生全員が登校して、ひまわり畑の種蒔きです。

この日は夜明け早々から、ファーム大島が2台の耕耘機を出動させ、ひまわり畑を耕し、畝作りを行いました。その後、早朝出勤した教職員が、出来上がった畝の学科別配分、学科境界杭の打ち込み、学科プラカードの設置、畝間の溝の踏み固めなどを行い、ようやく種蒔きの準備が完了しました。

大講義室で説明会

8時40分に大講義室へ集合した学生たちは、9時から今日の種蒔きに関する手順等の説明を受けた後、学科毎に指導教員の引率の下に、ひまわり畑へ向かいました。

1年次生全員で種蒔き

ひまわり畑では、指導教員から種まき間隔用の割り箸1膳と種が支給されました。畝の間の溝に横一列に並び、割り箸片手に畝を乗り越えながら、一斉に種蒔きを行いました。

最後にアンケートを書いて解散

種蒔きを終えた後は、大講義室に戻ってアンケートに回答した後、各自自由解散です。学生たちの真剣な取り組み姿勢と、満足そうな笑顔が印象的でした。

学生たちに提出してもらったアンケートの結果をまとめました。

ひまわり大作戦の種蒔きアンケート調査結果

  1. ホーム
  2. プロジェクトの活動事例
  3. 2011年度 ひまわり大作戦
  4. 耕耘、種蒔き