ダ・ヴィンチ祭で特別企画

ダ・ヴィンチ祭に初参加

8月6日(土)に開催されたダ・ヴィンチ祭に、ひまわり大作戦の一環として初参加しました。

富山県立大学では、平成8年から、次代を担う子供たちの科学への興味や関心を高め、豊かな創造性や可能性を育むため、大学のもつ様々な教育資源を活かした科学イベント「ダ・ヴィンチ祭」を、夏休みに開催しています。

特別企画の一つとして、「ひまわり迷路で遊ぼう!」と銘打って、ひまわり大作戦が大々的に紹介された結果、約700人に上る多くの親子連れが、ひまわりイベント会場を訪れました。

ひまわりイベントは、ひまわり畑と、畑横の格納庫の2会場で行われ、第1会場のひまわり畑では8月3日(水)に開園した「ひまわり迷路」が一般開放され、挑戦者にはオリジナル缶バッジや、本学の校章煎餅が進呈されました。

格納庫内も大賑わい

第2会場の格納庫内では、パネル展示、揚げパン試食会、ひまわり搾油体験コーナが設けられ、来場した子供たちは、パネルでひまわりの知識を磨き、揚げパンに舌鼓を打った後、搾油体験で汗を絞っていました。

ダブル受賞の栄誉に

この日は、2会場とも終日、多くの親子連れで賑わい、ダ・ヴィンチ祭の最後に執り行われた「入場者が選ぶダ・ヴィンチ賞」、「富山県立大学学長賞」では、ともにひまわり企画が選ばれ、ダブル受賞の栄誉に浴しました。

  1. ホーム
  2. プロジェクトの活動事例
  3. 2011年度 ひまわり大作戦
  4. ダ・ヴィンチ祭で特別企画